Bottesini

One of my highlights this year has completed. I had wonderful opportunity to play Bottesini Duo Concertante with Matt. It’s been more than 1.5years since I asked Matt and Elizabeth toorganizethisopportunity. I really hope that we have another or more opportunities next year!!
Thank you Matt, Elizabeth and Wairua Symphony.
 
               YouTube

Suzuki Summer Camp

夏期学校2018 今年も楽しかった!!!! 40℃ 近くの暑さでクタクタだったけれど、生徒さんたちの吸収の速さもすごかった‼️ DUOを楽しむことを伝えたかった私、とっても嬉しい3日間でした。最終日の演奏素晴らしかったね!素敵な日本の夏をありがとう。写真撮影禁止だったのがちょっとビックリでした。

TSO

Being grateful to join TSO for part of “Dark Mofo” festival in Hobart.  It was such a wonderful days staying in Hobart Tasmania and enjoyed music of Gorecki, Part and Vasks. I would like to thank all the members of TSO and Vesa. The photos are the concert hall Federation Concert Hall and amazing dawn from Mt.Wellington Hobart.

Beethoven Triple

ベートーベントリプル 楽しかったです! 東京トリオメンバーと清水マエストロと狛江フィルとの夢の共演でした。
3日間だけの帰国でリハーサルも本番も、楽ではない歳になってきてしまったけど、お二人の代奏や狛江フィルの皆様のおかげで存分に楽しむことができました。本当にありがとうございました!

Wonderful time with Tokyo Trio, Maestro Shimizu and Komae Philharmonic Orchestra. Thank you!

Four seasons

Wonderful time making music with my colleagues!! 
More than happy to be sandwiched by Bruckner!!!!

TMP

素晴らしい3日間でした! ニュージーランドからの研修生として参加させていただいた今回のTMP。学びも笑いも涙もいつも以上に感じられました。早坂氏にお会いできなかったのは残念で仕方ありませんが、そっくりな御子息にお目にかかれて感無量でした。Hink先生、マエストロ醍輝、みつるちゃん三上くん、しおりちゃん、そしてMMの皆さま、本当にありがとうございました!


I had wonderful time with W.Hink and MM members. Starting with tuning, yes, I think I knew it but we are usually too loud to tune. Listen to the section who has semis, drive forward, never play the same when it’s repeated, music is dialogue, etc…… everything in details, I thought I knew it, but he reminded me again. Thank you Werner 先生, hope to see you all again!!!!!!

Asuka

久しぶりの飛鳥II 楽しかったです! 素敵な旅をご一緒させていただいてありがとうございました!

Giving back

I had a wonderful opportunity to play solos for my former teachers and their students. I played few pieces from Suzuki Book, Bach Chaconne and Zigeunerweisen.  I am very happy that they enjoyed our performance. Hope to see them again sometime!!!!

Reading and music

I had a very special concert experimenting collaboration of reading novel and music. The project was combining some classical music, Pops music and a part of story from one of the Japanese best seller novel in 2017.
We had three concerts and the hall was almost full of audiences every time, amazing...
Hope to have same kind of project in NZ someday!

Tom and Jerry @Kanazawa

トムとジェリーのfilm music楽しかったです。スクリーンに合わせて弾く、最近なかった経験でした。トムとジェリーはいつの時代も変わらず楽しく、子供達の爆笑する声が今も耳に残っています。
竹本さんありがとうございました!そして何年ぶりかの雪に感動です。

Violin Duo

Enjoyed playing duo with my former student after three years since I played vn. duo last time!

調布市西武公民館の主催でヴァイオリンデュオ弾かせてもらいました。3年ぶりのヴァイオリンデュオ、他の楽器との組合せとはまた違った味わいで好きです。グリエールとウィニアフスキー 初挑戦でレパートリー増えて嬉しい💖   かのちゃん一緒に弾いてくれてありがとう。西武公民館の皆様、御来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

Messiah

I had wonderful concert for the very last work in NZ this year.
Starting with my announcement, lots of solos.
Thank you for giving me the opportunity!!!

Octet

I had wonderful opportunity to play Mendelssohn Octet with my colleagues and their hubs.
It was such a fun time with them. Even sometimes enjoyed so many conversations going on during our rehearsals. It has been quite long time since I performed this piece last time and it was good exercise for me as well 🤣  I am grateful to all my colleagues and special thanks to Victoria who gave me the opportunity. ありがとう

Solo

My solo project this year has finished. I was very happy and surprised that I actually remembered those solo pieces I used to play decades ago. Now next step is to memorize new things! I would like to thank Wellington Hospital, Yoko and Fumiko.

Martinborough Music Festival

NZ初の音楽祭という名の付くイヴェントに参加。オケの首席達との素晴らしい時間と音楽でした。
マーティンボロはワイナリーで有名なところ。山に囲まれた盆地で冬はより寒く夏はより暑いけれど、カラッとしていて過ごしやすい土地です。
機会をくれたVesaとホストしてくれたVickyに感謝です!

I had wonderful, precious time making music with my colleagues.  I was very happy to be at Martinborough Music Festival for the first time and enjoyed staying there. Special thanks to Vesa and Vicky.

Suzuki international Summer Camp in Matsumoto

8年ぶりの夏期学校、とても充実し、楽しい時間を過ごしました。
グループレッスンの生徒さんたちは皆さん真面目で、どこから来たかわからないような私のレッスンに一生懸命ついてきてくれました。とっても嬉しかった。また会いたいなあ。
松本は私にとって日本の第ニの故郷で、幼い頃の記憶が蘇ると同時に、鈴木先生の記憶と、当時たくさんお世話になった先生方の元気なお姿を拝見できて、幸せな気持ちでいっぱいでした。
ありがとうございました。

Hospital foyer

It was my first experience playing at the hospital foyer. I couldn't imagine how it goes until I actually start playing my solo there. It was quite comfortable acoustic environment and I was able to hear myself.
I would like to thank D. Chickering for joining me playing duos and  also people spent their precious lunchtime standing and listening to our playing.  

アジアフィル

マエストロChungの、愛と情熱に溢れた5日間に、感謝の気持ちでいっぱいです。
この機会をくださった方々と、一緒に演奏した皆様と、隣で支えてくれたHong-Kyunに心からありがとうを伝えたいです。ありがとうございました。감사합니다

In Auckland

ニュージーランド, オークランドにて、VanessaとのBach Double と初マスタークラス。演奏を聴きにきてくれた日本人のお友達、そしてマスタークラスを受けにきてくれたお友達に感謝です!ありがとう。

I had lots of fun playing Bach Double with Vanessa, Elizabeth and Wairua members. Thank you for Japanese friends came to listen to the concert.  I also had a very first master class in NZ. I would like to thank all those friends who played for the master class and Elizabeth who gave me the opportunity. 

山田和樹 マーラーチクルス

東条先生 名前出してくださってありがとうございます

東条先生の記事   http://concertdiary.blog118.fc2.com/blog-entry-2703.html

2017 NZ composer sessions

2017 NZ composer sessions 
I had such a great opportunity to perform Louise Webster Violin concerto. 
I would like to thank Louise, Vesa, and NZSO.  


Louise Webster 女史のヴァイオリンコンチェルトを弾かせて頂く機会に恵まれました。普段は医師でいらっしゃる彼女はヴァイオリン弾きで、そのおかげでとても弾きやすくて馴染みもはやかったです。
Louise と Vesa と ニュージーランド交響楽団に感謝します。ありがとう。

Martin Frost

マーティン フロスト氏のクラリネット、本当に素晴らしく、一緒の舞台で音楽を共有できたことが、最高に幸せな2週間でした。合計6回の本番。全て素晴らしく、舞台にいることが幸せだった。
クライストチャーチのKinjiさんで、マエストロEdo とマーティンと、同僚と美味しく楽しいひと時を過ごしました。全ての時間に感謝です、ありがとうございました。


  • A wonderful clarinet player, Martin Frost. It was really happy two weeks of tour that I was able to share music on the stage with him. Six times of performances in total. It was all happy fantastically to be on the stage.
    In Kinji of Christchurch, I spent a happy and delicious time with maestro Edo, 
    Martin and my colleagues. Thank you for wonderful time!!!

70th Birthday

NZSO ニュージーランド交響楽団の70周年記念コンサート。
Michael Fowler Arts Center にて、客席からのショット。盛大なお祭り。プログラムも抜粋で短いものをたくさん楽員のスピーチたくさん、以前ずっとコンマスだったヴァイオリニストや貢献度の高いピアニストも登場。盛り上がりましたー。こういうの、この国もとっても得意で、見習うところ多いです!

もう一つ

先月と同じワイナリーで、今回は大きな編成。屋外で弾くことがとっても気持ちよく、ここのお天気や環境がそうさせてくれることに幸せ感じます!

@WINERY

多分初体験。ワイナリー、屋外での演奏。お天気よく、31度、とっても乾燥していました。コンマスと首席メンバーとのカルテットは言葉がいらない幸福感でいっぱいのひと時でした。メンバーに入れてもらってありがとうございました!

After 40 years

  • 晴男くんとのBach Double 。超楽しかったです。
    チャリティーコンサートの2曲めに参加させていただきました。晴男君とは10歳になる前に、テンチル同士で知り合った幼なじみ。長い歳月を経てここウェリントンで再会、再共演できた事はとっても幸せでした。
    地震で壊れてしまったパイプオルガンの修理に少しでも貢献できたらうれしいです。
    はるおくん、Elizabeth、オケの皆さま、聴きに来てくれた皆さま、ありがとうございました。


  • Bach Double with Haruo. It was super fun.
    We played in the second piece of the charity concert. Haruo is a childhood friend who got to know each other about 40 years ago as Suzuki kids.
  • I was very happy to see him and play together again here in Wellington after long time.
  • I am glad if I can contribute to the repair of the pipe organ which has failed by an earthquake.
    Haruo, Elizabeth, all of who came to listen, thank you.

Tokyo trio 4

東京トリオ Tokyo Trio 2016 無事に終了しました。韓国からの直行で、到着まで油断できませんでしたが、無事にお昼前に到着、リハにも間に合いました。前回から1年という時間が流れても、それぞれの音楽に対する姿勢は進化し、音も少しずつ変化していて、更に充実した時間を共有することができたことに感謝します。ご来場頂いた皆様にも感謝します。ありがとうございました。

Duo

飲み屋さんでの同僚Phillip とのduoを、楽しみました。偶然飲みに来ていた日本人の方々にも聞いていただいて、嬉しかったです。マルティーヌのマドリガル、ヘンデルハルヴォルセンのパッサカリア、結構筋肉使いました。そして、MabelのおいしいLamb料理に満たされて、幸せな日々でした! みんなありがとう😊

Lunchtime concert

  同僚とのランチタイムコンサートに、このような批評をいただきました!


I had such a great opportunity to play with my colleagues!  

Solo

久しぶりにどソロ弾かせて頂き、感謝です!  一時期苦手としていたことの克服と、新しい課題発見で、収穫たくさんの春です! 機会を与えてくれたVesaとdevelopment groupに感謝します。

Lots of appreciation to Vesa and development group. I had such an important opportunity to play the solo pieces.  Thank you very much!

Tour with Anne Akiko

アンとの7〜8年振りの再会。彼女は私がNZに居ることを知らず、かなりビックリしてくれて、なんだか嬉しかった。前回彼女に会ったのは日本フィルとの共演の時、カラヤン広場で一緒に食事🍽。当時、彼女はまだ独身で、でも今はもう二人の子供のママ‼️  彼女の素敵なご主人とお子さん達の話を伺えて、本当に幸せそうで、そんな彼女に会えて、とっても嬉しかった!  
そして何より、彼女のデルジェス "Vieuxtemps" の音の素晴らしいこと! かなり良い刺激になりました‼️
ありがとう、Anne chan!!

  • It's been 7-8 years since I saw Anne last time. She did not know that I was in NZ and was considerably surprised. We had meal 🍽 and chat at the time of costarring with Japan Phil together in Karajan open space last time. I was very happy to hear about a story of her wonderful husband and children‼️ She really looks happy and I am very happy to meet her afte all in those days!  
    And the sound of her Del Gesu "Vieuxtemps" being splendid above all! Considerably good stimulated ‼️ Thank you, Anne chan!!

The last day of tour

やっと長い2週間のツアー、終わりました。12回こなすのも簡単ではないなあと実感。同じように12回演奏したNZSOの仲間と、RFバンドの皆様にお疲れ様を届けたい!  
最終日、最南端の街から飛行機で飛んで帰るべく飛行場に行くと、添乗するはずのスチュワーデスが事故で救急で運ばれ、フライトはキャンセル、我々はいくつかのその後のフライトに分散して帰宅することに… こんな初体験も珍しい。みんな、本当にお疲れ様でした。


At last I ended a long 2-week tour. I have realized it is not easy to handle 12 times. I want to send fatigue to colleagues of NZSO who played 12 times in the same way and all of RF band members!  
On the way we flying back from the southernmost town the last day,  the flight attendant who should conduct it being carried by first aid in an accident. Our flight was cancelled and we were dispersed into some of  the next flight … Such first experience is rare, too. All really thank you.


Swing into Spring

  楽しんでるよ〜 Swing into Spring!  Jazzの祭典、本番12回中6回終了。

I've been enjoying this tour Swing into Spring!  We have 8 concerts to go!

タノシカッタ

Fantastic solos!
Matt が、同僚のマットがBottesiniのソリストで、アマオケの頭に座らせてもらいました😊 楽しかったよーマット‼️  ゼーンゼン合わなかったけど😅  オークランドにはアマオケがいっぱいあって、唯一ギャラがでない、貴重なアマオケに縁があって出させてもらいました。
みんな良い人たち❣️ Elizabethを始め、みんなに会えて嬉しい、ありがとう❣️

ニュージーランド初のどソロ Yuka plays Kreisler  興味のある方、よかったら是非❣️ dropbox から聴けます。

ラジオ

英語でラジオ出演❗️  どうしようどう… と思っているうちに始まってしまった…
Matt が一緒にインタビューだったおかげで、助かりました😊  オンエアは怖くて聴けず、でも何とか言いたい事は言ったつもりでした😊  英語勉強しなきゃあ…

Schubert Octet FM

シューベルト オクテット 無事に終了‼️  楽しかったー。長い曲。1回2〜3時間のリハ4回で、毎回不安なまま終わる。でも本番はみんな凄かった。なんかみんなの魂が一つになった感じがして、新入社員としては嬉しかった!  初めてCBを🚙に乗せ打ち上げへ。

Retirement house

今日は記念日。Orewaビーチ(リゾート地)の、日本でいういわゆる高齢者向けホームでの、カルテット演奏。同僚との室内楽本番は2回目。それ以上に、公の場で初めての英語での挨拶及びメンバー、プログラム紹介。いくつになっても初めて何かをするのって緊張するのね… シャベリに全集中力使い果たした感じはしましたが、メンバーも来てくれた住人の方々も、喜んでくれて何よりでした! まだまだ、全部が始まったばかり。仲間や機会に感謝します。 写真はパノラマで撮ったビーチ。

ANZAC

昨日25日はこちらでの、日本でいう終戦記念日で、休日でした。その前の週はどこもANZACイヴェントで、我々もコンサート。何を演奏するのか、ということが毎年の課題になっていて、今年はニュージーランドとイギリスの作曲家の曲3曲。短めのプログラム。でも集客はやはり難しい。来年はどうなるのか…

ツアー終了

熊本地震の被災者の方々に、心よりお見舞申し上げます。想像を絶する日常だと思いますが、前に向かって欲しいと思います。
Edo De Wart 氏との3週間、終わりました。自分たちの演奏を見直すいい機会になったと思います。
Dunedinの Regent Theatre はデビューでした。装飾の美しい素敵なホールです。来週はAnzacです。胸にポピーのバッジを付けて弾きます。

Tour

今年度第一回目のツアー、半ばにさしかかりました。
だいぶバスのツアーにも慣れてきて、夜もしっかり眠れるようになりました。北島のツアーはほとんどバスで移動するため、変な疲れだけ残ることが多いです。今夜はAucklandでようやく半分です。音響がいいホールがあまりないため、音の長さやテンポそのもののコントロールが難しいです。でも、音楽はどこにいても素晴らしい。

String Ensemble

先日は、初めての教会での弦楽アンサンブル。 音響はどうやってもお風呂場、でもお客様によってかなり緩和されました。
Vesa率いる弦楽、素晴らしかった。エルガーのアダアレ、ニュージーランド及びオーストラリアの作曲家による曲を挟み、最後はヴォーンウイリアムズのタリス。第2オケに配置された自分、楽譜見てる余裕もなく、視覚的に調整して精一杯。でも素晴らしかったです。みんなありがとう。今度はもっといいホールで弾きたいなあ…

A NIGHT WITH JAZZ AT LINCOLN CENTER ORCHESTRA WITH WYNTON MARSALIS

素晴らしい2夜のコンサート。ジャズとクラシックオケのコラボ、超初体験で、興奮冷めません。
マルサリスのスイングシンフォニーは、1時間以上かかる、とても大変な曲ですが… それよりも彼のトランペットを始め、ベース、ドラム、サックス、トロンボーン、トランペット、ピアノのメンバーの演奏が本当に素晴らしく、感動しました。同じ舞台に立てたことが幸せで、この機会に恵まれたことに感謝します。 魂が宿るニンマーさんのピアノには特に動かされました。あーーー でも、やっぱり、トランペットもサックスもベースも素晴らしかったなぁ…   また来て欲しいです!

Mr. Kenji Kobayashi

何度お会いしても、本当に素晴らしい先生に師事することができたのだと、実感します。小林健次先生。後輩が今年も先生を囲む会を企画してくれて、ソロありアンサンブルあり、シャコンヌ大合奏ありで、楽しい数時間を先生と過ごすことができました。先生がプログラムの最後にシェーンベルクのファンタジーを演奏してくださいました、島先生の相変わらずの素敵なピアノにも感動…
「音楽をできることは幸福である」の先生のお言葉に絶賛の「ウンウン」。今年もお会い出来て幸福です!ありがとうございました。

TOKYO TRIO

大好きなメンバーとのTchaikovsky と Mendelssohn。相変わらず楽しかった〜〜‼️  
もう少したくさんの方々に聴いてもらえるように次回は大きめの場所を探してもらっています。スタッフの方々とご来場くださった方々に感謝して、年越しの乾杯( ^ ^ )/□

Te Papa

毎年あるらしい、Te Papa(国立博物館)での小さなロビーコンサート。
プログラムは小さいけれど、スゴイヒトヒト人。無料ということもあって、立見のお客様で会場が溢れていました。今年は一般のコーラス参加型で、ハレルヤなど、数曲歌って皆さん楽しんでいらっしゃいました。 来年の企画も楽しみ…

Rite of Spring

2週間に及ぶ春祭ツアーも無事に終了。プログラムの最初に我らがコンマス Vesa の The Lark Ascending (揚げひばり)が美しく、毎回楽しみにしていました。メンバーの春祭は見事で、充実したツアーでした。今年度のツアーはこれで終了です。残すところあと1公演‼️

Garrick Ohlsson plays Brahms

  • Garrick Ohlsson 氏のピアノに出会えて、幸せな1週間になりました。彼のブラームス、暖かく、優しく、すべてが自然すぎて、後ろで弾けて光栄です。アンコールのショパンのワルツは涙が止まらない感動でした。ずっとそこにいたい、と、思わせてくれるピアノ、素晴らしいです。

KARI KRIIKKU氏

KARI KRIIKKU  氏によるClarinet、素晴らしくてリハーサルが楽しいです(*^^*)

HAKOLA の Clarinet Concerto 、本当にノリノリだし抒情的だし、素敵な曲。どの楽章も素晴らしくて、楽章の途中でオーケストラ楽員が喋る場面や、Krikku氏がタップダンスを踊る(素晴らしいです)場面などがあり、聴いていても弾いていても楽しめるものです。

明日から1週間ツアーです!楽しみ‼️

助っ人

急病のコンマスの助っ人にちょいとオークランドへ。誰かのために動ける幸せ。ありがとう。
Thank you!

TOSCA

オペラ月間始まりました〜。TOSCA!  
先月はクラシカルヒッツ ツアーで長いツアー!疲れをとる時間もなくオペラに突入です。
こちらきてよかったことの一つは、サイモン・オニール氏との共演がよくあること(*^^*)
素晴らしいです。今回も楽しみです!

Renee Fleming

Renee Fleming さんの歌を堪能しました。彼女と一緒のリハーサルは1回だけ。プロフェッショナルのオーラ全開、本番は言葉が見つからないほど素晴らしく、後ろで弾けて幸せでした。プログラムの中でも最も心にきたのは、Korngold のマリエッタの唄(死の都)と、GershwinのSummertime でした。
2人のお嬢様も連れていらしていて、母としてのNZ滞在充実感もお話されていました。ドレスは3着、ゴールド、白、青。流石の2時間でした。ありがとうございました。

SIMONE YOUNG AM

SIMONE YOUNG AM  
本当に素晴らしい指揮者。感動の1週間です。ただただこのチャンスに恵まれたことに感動と感謝でいっぱい。日本でも11月に振られるとのこと。
写真撮れなかったけど、想いは一番‼️ 女性指揮者だからとか関係なく、本当に素晴らしいです!また来て欲しいし、日本にもたくさん行っていただきたい! 日本食大好きだそうです!

Ballet

初ballet @ St.James Theater. 
題名は一応真夏の夜の夢なんだけど音楽はいろんなメンデルスゾーンの寄せ集め。
コメディタッチで客席ではとっても楽しめる内容(*^_^*) 

Alexander Technique

メンバーとアレキサンダーテクニックのワークショップに参加。
久しぶりに英語の授業を受けた感覚。いい勉強になりました!

4 Seasons @ Winery

Martinborough のワイナリーにて四季の余興。客席で皆様お食事とワインを楽しむ中、コンマス真ん中棒なしで、各セクション首席が各季節の曲解説。ワイン樽に囲まれて香り高い誘惑に満ちた環境での演奏も楽しみました! ありがとう。

Armonia Musica

アルモニア ムジカ の渋谷ラトリエでの公演、無事終了。藤森氏との共演は私にとって大きな大きな刺激と学びと感動でした。氏の楽器で語られることと言葉で語られることのギャップがまた素晴らしい…
藤森さん、村沢さん、御来場いただいた方々(特に連日来て下さった方々!) ありがとうございました。スタッフの皆様もお疲れ様でした。

Brahms Double

Great opportunity at Musa Kawasaki.

リコーフィルの演奏会に姉弟で出演させてもらいました。大好きなブラームスのダブルコンチェルト、井﨑氏の指揮、オケの皆様とホールに助けてもらって無事終了。姉弟だからこその醍醐味を十分に伝えることができたと思います。御来場いただいた皆様とお世話になった方々に心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

TOKYO TRIO

古民家でのコンサート、素晴らしい雰囲気の中で終了。
たくさんの方々にいらしていただいて、近い距離で音を聞いていただいて、至福のひと時でした。
お世話になった小俣さんご夫妻を始め皆様に御礼申し上げます。

Inkinen Festival

tour (Dunedin)

インキネン、監督として最後のプログラムとツアー。昨日はダニーデンにてゴミョウさんのベートーヴェンコンチェルトとシベリウス: レンミンカイネン組曲。タウンホールはニュージーランドの中でも音響が良いホール。寒かった‼️

tour (Auckland)

Last concert at Auckland Town Hall
インキネン最後のコンサート、素晴らしい観客とメンバー、スタッフによって無事終了。
8年という長い監督期間中の様々な本番、出来事を、ユーモアたっぷり(時々皮肉込み)で振り返りみんなで共有するメンバーの素晴らしさにただただ感動し、尊敬してやみません。とっても弾きやすい指揮者と言いたいところですが、決してそうではなく、コンマスのヴェサを始め、コンバス、金管楽器の苦労は察するに余りある。それを笑いで振り返り打ち上がる姿を見て、吸収したいと思いました。みんな天晴‼️
インキネンの更なる活躍を期待します。

Into The Storm

Tour 1

Wellingtonで初日を終え、今日はNapier。とても個性的なホールで、超響かなくて超弾きにくいのにみんなgood job!  お部屋いただけて感謝! 
何より、どんな場所でもメンバーの素晴らしいSibelius Symphony 2 を一緒に弾けるのが嬉しい!

Tour 2

2箇所目、Hamiltonでの公演終了。あいにくの雨で、天井からの雨音がかなりうるさかった…(^_^;)
日本ではしなかった経験の一つ…  
明日はAucklandにて最終公演。バスで移動、23:20にAuckland到着。今回の部屋は窓からスカイタワーが見えて嬉しい!!

Tour 3

最終日、Aucklandにて、無事終了。会場が盛り上がって何よりでした。
みんな疲れてるはずなのにさすがです、旅慣れてるし、最終日に合わせてテンション上げてくあたり素晴らしい。お陰様の1週間でした。

Aotearoa Plus

Christian Lindbergh 氏による吹き振りが楽しい1週間でした。素晴らしいリハーサルと本番、管楽器との時差がない! 
David Bremner、楽員仲間のトロンボーンも柔らかく美しく泣ける。
Sandstorm: Ecos de Eternidadという曲を心底楽しみました。

写真は曲中でサイレンの音を出すのに使われた黄色い楽器と、打楽器側から見たオーケストラの景色。

Spirit of Anzac

It was such a  great experience for me!  I would like to thank all the members of NZSO.

初日はWellington、2日目はAuckland town hall にて無事終了。初のコンマス任務、貴重な経験を得ることができて、コンマスのドナルドおじさんをはじめ、メンバーの皆様に感謝です。

Rehearsal with Freddy Kempf

ドイツ🇩🇪と日本🇯🇵のハーフでいらっしゃるケンプさんとのリハ。音楽も人間も素晴らしい。
棒なしの醍醐味を満悦中。

1st working day

素晴らしい気候の中で 仕事初日@Auckland 

コンマスの饗演

今年も3回目のコンマスの饗演、終了しました。 

長いキャリアをお持ちの先輩方と、幸せな、恵まれた時間でした。 
スタッフさんも素晴らしくて、毎回感動です。 

4回目もあるといいなぁ…

TRIO

2つのトリオコンサート、終了しました。

聴いてくださった方々、スタッフの方々と、共演者の皆様、ありがとうございました。

お陰様の楽しいひと時でした。

Brahms Double

楽しくて幸せなブラダブ、無事に終了しました。ご来場いただいた皆様と、共演してくださった皆様、そしてマエストロ清水醍輝氏、チェリスト江口心一氏に心から感謝します。 


ありがとうございました^ ^

NZSO Season 2015

Brochure              27ページに名前のりました〜!
                              ニュージーランドでも頑張ります。










TOKYO TRIO with 毛利先生

逗子マリーナ デビューでした。海に面した素敵なリゾート。
宴会場だったけれど、毛利先生とご一緒させていただいて、とても幸せな本番でした。たくさんの音楽要素を共有してくださった先生に感謝します。鳥羽さんとも新しいやりとりができて、楽しかった。
素晴らしいスタッフの皆様にも感謝します。

Asahikawa, Hokkaido

旭川デビューでした。たくさんの方々に支えられて、藤田さんとの公演無事終了しました。大雪クリスタルホール、素敵なホールです。白樺と芝生が香る、田んぼや雪の残る山々に囲まれた旭川。いい季節に訪れることができて幸せでした。お世話になった皆様に感謝します。

イクメン対談

中村憲剛さんとの対談、vol.2   と vol.3
アップさせていただきます!

――江口さんは実際ソーシャル・アーティスト・ネットワークで、虐待されたり育児放棄された子どもたちと触れ合っていらっしゃいますが、その経験を通して感じたことはありますか?

江口:「どんな親でも、親がいいんだ」というのは、触れ合って毎回実感します。私は未就学児を担当しているので、特にそう思いますね。親御さんも大変だと思うけど、なるべく抱っこしてあげてほしい。例えば、ヴァイオリンを教える時でも、抱っこしながら一緒に弾いたり。親の愛情に飢えてるんです。


――音楽界の方々にも色々と活動を呼びかけていると思うんですけど、反応はいかがですか?

江口:世界的に見ると、五嶋みどりさんという方が障害者たちのオーケストラを作ったりされていますが、そういう活動が少しでも日本で増えて欲しいと思います。

中村:皆でもっと色々な取り組みができればいいんですけどね。

江口:そうなんです。少しでもそういう動きがあればありがたいんですけど、なかなか難しいですね。自分の子どものことで精一杯なのはわかります。少し子どもの手が離れたくらいのお父さん、お母さんがやってもいいのかなとも思うんですけど。
でも中村さんの奥さまも、子どもの手がかかる時期によくやっていらっしゃって凄いなと思います。

BL0T9336

中村:支えてもらってばかりですね。ピンクアンブレラ運動は、もともと川崎フロンターレの虐待防止の仕事がきっかけで始まったんですけど、こうやって江口さんとお話したり、ソーシャル・アーティスト・ネットワークさんとつながったりと、少しずつ輪が広がっていけばいいんじゃないかと思っています。虐待に解決策はないですけど、自分たちが問題提起することで、減らせるきっかけにはなると思う。この対談も、まず2人が話したということが大事で、これを見た人が江口さんのHPに飛んだりすれば、つながりが広がっていきますよね。

江口:ありがたいですよね。

中村:皆、虐待は悪いことと知っていながら、あまりにも大きな問題だから足踏みをするじゃないですか。でも誰かがやらないといけない。音楽界とスポーツ界、ジャンルにこだわらずに皆で取り組んでいければと思います。

江口:施設の子どもが増えていってしまうのは、残念ですもんね。

中村:去年の年度末に、初めて川崎の児童養護施設に行きました。これからも機会を見つけて行きたいと思っています。スポーツ好きな子どもも多かったです。喜んでくれました。それだけでも自分が行く価値があるなと。それは江口さんの活動も一緒だと思いますけど。

江口:それはあるかもしれないですね。でもまだ分からないこともありますよ。子どもたちは「その楽器は何?」という次元なので、どこから教えようとか、まだ少し手探りな部分もあります。

中村:興味を持ってくれるのはいいことですよね。それがきっかけとなって、音楽家やサッカー選手を目指していってくれたら嬉しいし、その手助けができばいいなと思います。

江口:自己啓発や自己肯定感は何かに興味を持つことによって、育てられるんじゃないかという考えも出てきているので、是非そうなってほしいです。また、子どもたちと寝泊まりも一緒にされている職員の方がそういう風に理解してくださっているので、連携するのが望ましいんですけどね。具体的に子どもに何かやらせるのって難しいんですよ。

中村:本人たちにその意欲がないとだめですしね。でも僕たちが施設に行かなければ、身近にならないから、行動に移すことが大事なんだなと、去年の施設訪問の時に実感しましたね。

江口:ビッグなサンタクロースさんだったんですね。

――ピンクアンブレラの活動もちょうど1年くらいで、江口さんもこのような活動を始められて12年ほど経ちます。その中で、意識として変わってきたことはありますか?

photo

中村:最初の頃は、本当に手探りでした。色々やってきた中で簡単なことではないと改めて感じたけど、継続することが大切なのかなと。自分が手を挙げることで、この問題がどれだけ大きいかというのを皆に認知してもらいたいです。まだ始めて1年くらいですけど、多くのことを学びました。この対談もそうだし、こういう輪が広がればもっと色々なことができると思うので、僕自身この活動は一生ものだと思っています。少しずつですけど、江口さんと何か新たな活動ができるかもしれないし。

江口:12年くらい経ちますけど、ようやく社会とつながった感じがします。同時に12年もかかったってことですよね。自分たちのことを解決することで精一杯だったので。子どもが小さい頃は、手がかかるような経験や葛藤もありました。でも、ちょうど1年前くらいに自分のしたいことがやっと見えてきたと思っています。今後、継続していくのは大変だと思うんですけど、ずっと関わりたいと思ってます。

――これから母親・父親になるような人に向けたアドバイスはありますか?ひょっとしたら虐待しそうな気持ちになった時に、投げかけてあげられるような言葉があれば

江口:子どもと2人にならない方がいいと思います。その時間が長ければ長いほど、結局力って弱い方に行ってしまうんですよね。どんなに人間ができた親でも、1対1の時間が長くならない方がいいですね。どこか出かけたり、誰かに来てもらうでもいい。核家族も問題になる要因の一つだと思うので、必ず複数の人がいる場所にいてほしいと思います。

中村:できるだけ孤立しないことだと思います。自分が思っている以上に、周りには人がいると思うんです。もし虐待していたらそれを知られたくないだろうけど、誰かに声を出す勇気はすごく大事だなと思います。自分がその状況下にいないので、説得力がないと思うんですけど、どの親にも苦労や悩みはある。それをちゃんと話せる人がいてほしいと思います。仲が良ければなおさらいいし、なかったらそういう場所があれば、そこに駆け込む勇気を持ってほしい。

江口:近所に友達がいたり、近くの公民館を利用するとか。なるべく親御さんがいるところがいいのかな。おじいちゃん、おばあちゃんの存在はやっぱり大きいですね。

中村:あとは自分の子と他の子を比較しない方がいいと思います。それはすごく感じます。
他の子ができるのに、うちの子はできないという悩みが結構多いって聞きます。実際、そういう話も聞きますし。でも「今はそれでもいい」って思うことも必要。他の子がこうだから、うちの子もって考えてしまうと、強迫観念にかられちゃうので。

江口:私も最近まで自分のことに関してそうでした。自分でも「何でハードルを上げてしまうんだろう?」と思うんですけど、周りと比べていましたね。そこから先に卒業しないと難しいですよね。

中村:自分にできることって大体決まってるじゃないですか。サッカーでもそうなんですけど、自分のやれること以上を望むと大抵失敗するんですよ。

江口:本当にそう思います!

中村:この歳になって、普通に自分のできる100%をやることがすごく大事なんだと気付きました。若い頃は、ライバルの選手が気になったり、「あいつがこれだけやったんだから、自分もやらなきゃ」とか、余計だったと今は思います。ライバルにはライバルの良さがあるんだから、自分は自分の良さを発揮できればいい。多分それは、子育てでも一緒だと思います。背伸びはよくない。例えば他の子が足し算ができて、かけ算も言えるけど、うちの子はまだできないとか。そこまで悩むことはないと思えるようになってきました。

photo

江口:成長が遅れていても、そのことを「君の個性だよ」って受け入れてあげるのは、本当に難しい。やっぱり親はできた方が嬉しいじゃないですか。

中村:そこがすごく難しいですよね。できた方がいいけど、「できないならそれでいいんだよ」って言える親の度量がすごく大切。度量がないと、結局追い込むことになってしまう。僕も、矛盾しますけど、未だに「何でできないんだ」って言っちゃいますし。

江口:思いますよ。普通できるよねって思っちゃう。

中村:でも「普通って何?」って感じですよね。僕たちには普通でも、彼らには普通じゃないと認めてあげないとね。親になってまだ5年ですけど、葛藤の連続ですよね。

――それを親としては見守ってあげればいい?

中村:見守る一方で、無性に焦ったり(笑)。気をつけてはいるんですけどね。

江口:親も100%じゃないですから。

中村:僕ももう33歳ですけど、親になってまだ5歳ですからね。

江口:色んなことが初めてなんですよね。

中村:試行錯誤と言うか模索しながら今はやっています。子どもたちも、多分もう気づいてるかな(笑)。「こないだはこう言ってたじゃん」って言われましたからね。子どもは記憶力がいい。その瞬間に、子どもの成長を感じますね。そういうのを楽しめる余裕があれば、虐待の原因はひとつ減るんじゃないかな。金銭的、時間的な問題もあると思うんですけどね。

江口:現実的な問題がね。

中村:それを理解してくれる人がいるってことを、僕らが声を出すことがすごく大事なのかなと。

――江口さんから中村憲剛選手の活動に対して一言ありますか?

江口:お若いのに、素晴らしいの一言です。私が33歳の時は大変な時期だったので、その時の自分と比べたらすごい!と思って。

中村:周りのサポートのおかげですよ。

江口:それが言えるのがすごいですよ。是非、長く続けていってほしいです。

中村:今はサッカー界に対して、何か呼びかけたいなって思っています。今Jリーグは、全部で51チームあるんですよ。ほぼ全国各地にある。だから各クラブにこの運動が浸透していけば、日本中に回るじゃないですか。音楽も同等以上の力があると思う。

江口:数えだしたらそれくらいあるんじゃないかな。地方のオーケストラも数えれば、かなりありますよ。

中村:本当に、一歩踏み出せればいいですね。

江口:全然行けると思います。むしろ、行かないと。今日はありがとうございました!

中村:こちらこそ、ありがとうございました。今回の対談をきっかけに、一緒にやっていただきたいと思います。お互い、がんばりましょう。

クロアチア音楽協会 発足記念コンサート

ピアニストの、安達朋博さんと、ペアチェヴィッチのヴァイオリンソナタを演奏させていただきました。
ペアチェヴィッチは女性の作曲家で、魅力満載、楽しんで演奏しました。彼女は、もともとヴァイオリン奏者でもあり、女性としても、ヴァイオリン奏者としても、また、母親としても共感できるものがありました。残念なことに、彼女は2人目の子供を産んだ後に、36歳という若さで他界してしまいました。
これからも、さらに彼女の曲が広く演奏されることを願っています。

Recital

久しぶりのリサイタル、無事に終了しました! 素晴らしい白寿ホール、素晴らしい藤田雅さまのピアノと、暖かいお客様とスタッフの皆様に支えられて、楽しむことができました。ありがとうございました。
今回は、企画の主旨や、意味なども自分で明確にし、自分の歴史を音にすることにできて、やってよかったと思えるものになりました。師匠の方々にも聴いていただけて良かったです。また次の課題へ!頑張ろう!    写真は大好きな小林健次先生と。

ピンクアンブレラ運動 〜中村憲剛さんとの対談〜

あの中村憲剛さんと、対談させてもらいました。ピンクアンブレラ運動のホームページに、対談の第一弾がアップされたので、こちらでも紹介させていただきます。ピンクアンブレラ運動

中村選手は、とても素敵な方で、プロのサッカープレーヤーとしても、人間としても、そして親としても、尊敬できる方です。今回、アーティストネットワークさんからの依頼で、このような貴重な機会をいただいて、心から感謝します。


中村憲剛&江口有香さん

毎回、中村憲剛とゲストが、育児の楽しさや喜びについて話し合う「中村憲剛のイクメン対談」。第3回は国内外で活躍するヴァイオリニストであり、対談では初の女性ゲストとなる、江口有香さんにご登場いただきました。江口さんは、アートの力で社会貢献を推進する『一般社団法人ソーシャル・アーティスト・ネットワーク』で、児童養護施設を訪れて子どもたちと触れ合う活動を精力的に行っています。スポーツに音楽という違う世界で活躍する2人に、自身の活動に対する想いも熱く語ってもらいました。

――江口さんは、中村憲剛選手のことはご存知でしたか?

江口:中村選手のことは、もちろん拝見していました。最初にこのお話を頂いた時、「何で私なんだろう?」と不思議に思ったのですが(笑)、お子さんがいらっしゃるのは知らなかったです。

中村:そうなんです。24歳の時に結婚して、子どもは2人います。

江口:私は中学校2年生の息子が1人です。

――江口さんはサッカー観戦されたことはありますか?お子さんもサッカーをされたりしますか?

江口:私の父と弟がサッカー好きで、弟は京王多摩川にあるサッカースクールに行っていたぐらいなので、基本的にサッカー観戦は好きです。でも、うちの息子は小さいものが好きで、卓球にいっちゃいました。すみません。

中村:ボールが小さいって意味ですか(笑)。

江口:中村さんは、音楽だと何を聴かれるんですか?

中村:試合の時とか日常的に音楽は聴いています。洋楽はあまり聴かないですね。スキマスイッチさんの曲をよく聴いています。

――子どもに胎教ということでクラシック音楽を聴かせたりしませんでしたか?

photo

中村:いいって言いますよね。ベートーベンとかモーツァルトとか、どれがいいのか僕はよくわからなかったです。

江口:そう、どれがいいかわからないですよね。私は自分好みになってしまうので、母体にいいかどうかわかりませんが、ママがリラックスできるような曲を選ぶのが一番いいと思います。

中村:リラックスできる曲も人それぞれですもんね。騒がしい歌でもリラックスできる人はいるし、難しいですよね。

――子育ての話もお伺いしたいのですが、出産で大変だったエピソードなどありますか?

江口:出産はもう14年前のことですね。痛かったというのは覚えてますけど、あとはあまり覚えてないです。私の周りの人も、出産の時のことは忘れたと言っていました。特に2人目、3人目がいらっしゃる方は忘れちゃうそうです。出産が大変だったことよりも、可愛いと思う方が印象強いんですよね。

中村:それは男同士では絶対聞けない話ですからね。よく、男じゃ耐えられない痛さだって言いますよね。1年間くらいお腹に子どもがいるのって大変じゃないですか?

江口:全然大丈夫ですよ。最近の服装は楽ですし。

中村:僕は気を遣って物を持ったり、運転もさせませんでした。

江口:それは優しすぎですよ!私は普通に運転してましたよ。

中村:でも2人目の時はあまり気にしなくなったから「冷たくない?」って言われました。 最初は僕もわからなかったので慎重になるというか、過保護になってました。2人目の時は「大丈夫でしょ?」みたいな。それが夫婦の温度差を生んでいましたね(笑)。

――子育てで苦労されたことはありますか?

江口:仕事をしながら、ご飯を作って宿題を見るのが本当に大変でしたね。全部をこなすのは難しいです。どうしても頼らないといけない時は、母にお願いして夕飯を作ってもらったりしました。疲れていると、何もできないので。

中村:わかります。家事は奥さんに任せっぱなしですけど疲れている時は大変です。

江口:体を使う人は余計そうだと思います。

中村:勝手な言い分ですけど、体が痛い時とかぐったりしている時に子どもが遊んでーと言って来ると、しんどいですよね。そういう態度はとらないようにしているし、僕の中では子どもと一緒にいるように努めているつもりなんですけど、試合が近づくとピリピリしてくるらしくて。5歳と3歳になる子どもに空気を読ませてしまって、本当に申し訳ないと思っています。

江口:私の本番前とすごく似てます。子どもも「もうすぐ本番なんだ」って、察してくれます。

中村:でもそれは、親の仕事をちゃんと理解してるってことですよね。神聖なものなんだって、思ってくれている。一緒に試合に行ったりするんですけど、最近はわかってきたから「今日頑張ってゴール決めて」とか言ってくれるんです。本当に可愛いですよね。

photo

江口:可愛いって思ってくれるパパがいるのは幸せですよ。多分、皆さんお仕事が忙しすぎて、二の次になってしまいますよね。

中村:ベッタリできるのは今だけだと思うので。

江口:大きくなってしまうと、抱っこもできなくなりますからね。

中村:抱っこって大事ですよね。「抱っこ」って言われたらするようにしています。一応体が資本なので、アクシデントが起きないように心がけてますが、出来る限り要求には答えてあげたいなと思います。
でも僕の練習が午前中で終わってしまうので、夏休みとかはずっと一緒だから、それはちょっときついなって思いますけど(笑)。子どもの休みが長いと、家族サービスとコンディションの調整がとても難しい(笑)。

江口:夏休みは少し長いので、休みはとにかく大変ですよね。

中村:幼稚園で遊ぶだけじゃ物足りないんですよね。僕と遊ぶのと同級生と遊ぶのとは違うじゃないですか。なので近所のママ友さん同士で連携しているみたいです。

江口:ママはすごいですよ。

中村:あのコミュニティは大事ですよ。仲のいい人とかいるんですか?

江口:チームを作ろうと思ったわけではありませんが、自分と同じ状況にいるママさんだと話が合うので、一緒にバーベキューとかやったりしますね。

――――幼稚園から小学校、中学校へと成長していく中で、支えになってくれた人はいましたか?

江口:いっぱいいますね。両親であったり、小学6年生までお世話になったベビーシッターさん、学校には常にお世話になりました。海外の演奏会もあるので、母がいてくれて良かったというのはあります。でも子どもが一緒に行きたがるので、この夏は一緒に行って向こうの語学学校に入れようかなと。

中村:かっこいいですね。どこに行かれるんですか?

江口:ニュージーランドです。

中村:お子さんを連れて行けるのはいいですよね。

江口:共通してますよね。スポーツも音楽も、言葉は後で分かるので。

※次回VOL.2も近日公開予定です。お楽しみに!!


Cafe Kitwaa

キットワーでの村沢さんとのサロンコンサート、終了しました。会場いっぱいのお客様、入りきらずに2階で聴いてくださったお客様も、感謝です。村沢さんの明るく楽しい雰囲気と、マルチな才能に引っ張っていただいて、今回もたくさん吸収です。田辺さんの美味しいお料理と、美味しいワインにも感謝!キットワーには素敵な出逢いがあります!

東京トリオ Tokyo Trio (Yasuko Toba, Shinichi Eguchi, Yuka Eguchi)

東京トリオの西脇公演及び和歌山公演、無事に終了しました。

仲間や兄弟と演奏できることは、本当に幸せなことだと実感しながら、メンバーと、お世話になった方々に感謝します。

次は逗子に行きます!  6/21です!