YUKA EGUCHI 江口有香






江口 有香 Yuka Eguchi,Violin

3歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科に在学中、第55回日本音楽コンクールヴァイオリン部門にて第1位(1986年)。その後渡米し、インディアナ州立大学音楽学部に入学、在学中にワシントン国際コンクール第4位(1991年)。同大学を卒業後、同年パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第3位(1993年)。帰国後は、ソロ活動の他、アンサンブル活動や後進の指導にもあたるなど、幅広く活躍。
2006年~2011年、トウキョウ・モーツァルト・プレーヤーズ・コンサートマスター。
2007年~2014年、日本フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター。
2013年に「東京トリオ」を結成(Pf.鳥羽泰子、Vc.江口心一)、ソロ活動や室内楽活動にも取り組んでいる。
2015年より、ニュージーランド交響楽団アシスタントコンサートマスターを務める他、国内のオーケストラのゲストコンサートマスターを務める。 
2018年より才能教育研究会特別講師。
ニュージーランド在住。

また、多くのCDもリリースされており、「ツィゴイネルな世界」「ヴィラ=ロボス・vl.ソナタ集」(Pf.村上巌)「小品集メヌエット」(Pf.渡邊一正)「無伴奏ヴァイオリン名曲集・庭の千草」「ジャパニーズ・チルドレンズ・ソング」(編曲・守田裕美子)「チェロとヴァイオリンのための二重奏曲集」(Vc.江口心一) 「Meditation」(Pf.藤田雅)
が、いずれも Crown Tokuma, King International より発売中。

これまでに、ヴァイオリンを蔵持典与、安田広務、故・鈴木鎮一、小林健次、故・J.Gingold、 故・F.Gulli 、 Yuval Yaron、室内楽を 故・J.Starker, 故・G.Sebok各氏に師事。


 Yuka Eguchi is one of the leading concertmasters in Japan. Sha was the concertmaster of Japan Philharmonic Orchestra, and of Tokyo Mozart Players, while making a prominent 
career playing solo and chamber music. Ms. Eguchi began playing the violin at 
age three. She entered Toho Gakuen High school (Tokyo), and during her second
year, she won first prize in The 55th Japan Music Competition. After graduation, 
Ms. Eguchi went abroad to Indiana University. In 1991, she won fourth prize at 
Washington International Competition and in 1993, third prize at the prestigious 
Paganini Competition in Genova. After returning to Japan in 1994, Ms. Eguchi
has played many recitals, including NHK FM Recital and Shin-nittetsu Promising 
Artist Series Recitals. Ms. Eguchi has been the concertmaster of Tokyo Mozart 
Players (2006-2011), Japan Philharmonic Orchestra (2007-2014),and guest-concertmaster in orchestras throughout Japan.  She has been the assistant concertmaster of New Zealand Symphony Orchestra (2015〜).
Special lecturer of Suzuki Method Japan (2018~)